太鼓さん次郎 The Asterisk War 【春アニメ譜面紹介①】

こんにちは、ぬむとです。

毎回新規アニメ曲は説明を省略しお粗末な扱いをしてきましたが、今回は改めて独立した記事で紹介していきたいと思います。

まぁいつもと大して変わらない記事が量産されるだけです(笑)

それでは、創作譜面です。
・TVアニメ「学戦都市アスタリスク」OP2より「The Asterisk War」

【通常譜面について】

先に発狂譜面を作成してしまったので何とも物足りない感じがしましたが、こんなもんでしょう。

曲調の重さからドンを多めにしてます。

イントロ
1102101102102011,
1202101221221022,
1102101102102011,
100200000200100000100200200100200200101010200000,

→まず音を拾って以下のようになりました。
1202101202101020,
1202101201201122,
1202101202101020,
1202101201201122,

しかし、これではドンカツの比率が同じで非常に軽い譜面になってしまいますので、一部12を11へ変更します。
1102101102101020,
1202101201201122,
1102101102101020,
1202101201201122,

続いてドンカツの比率ではなく密度によって重さを表現するために2,4小節目の120120を122122に変更します。
1102101102101020,
1202101221221122,
1102101102101020,
1202101221221122,

最後に微調整して一番上の完成形に至ります。1,2,3小節目末尾と4小節目末尾の違いもはっきりしてますよね。



Aメロ
1001201101102010,
1001201101012020,
1001201101202010,
1101201022220020,

→音拾いました。少々詰め過ぎな気がしましたが、後のBメロを考慮するとこれが最も自然です。



Bメロ
2,
0,
0,
0,
1001001001101010,
1001001001101010,
1001001001101010,
1001001010111111,

→発狂譜面と同じように前半は大胆に空けて後半でサビへ向けた加速をするつもり、だったのですが……。

正直この部分はこれがベストな譜面だとは思いませんが、悩んでも答えが出ませんでしたので諦めました。

某氏の作成した譜面にて"1010101010101011,"というフレーズを採用したものがありましたが、中々鋭い譜面だと思います。

もっと思い切って作った方が良かったみたいですね。



サビ
1111201202102011,
1011211212012020,
1111201202102010,
1121121120120120,
1101201221221020,
1101201221221020,
1111201202112011,
1021212120120120,

→☆8なりに激しい譜面を目指しました。

基本のリズムは音を拾った以下の形です。
1010201202102010,

1小節目だけ入りのドラム音が異なりますが、細かな違いですので無視しました。

さて、ベースはこれで一貫していますのでビジュアル面の工夫をご紹介します。

1小節目……"11112"、"12"、"21"というフレーズが登場
2小節目……1小節目の"11112"から変わって"112"が登場(正確には"112112")
3小節目……再び1小節目を思い出させるフレーズ
4小節目……2小節目の"112112"を強化して"112112112"
5小節目……一旦重さを緩和させるために"112112"→"122122"とカツを増やす
6小節目……5小節目の繰り返し
7小節目……ベースが一貫しているのでフレーズが1小節目と似ていますが役割としては緩和からの加速です。
8小節目……加速の代表的フレーズ"2121212"を使用。

再三再四「加速」というフレーズを使ってますが別にBPMが速くなっているわけではなくただ単に盛り上がりを表現しているだけです。

盛り上がり、というと少々異なりますが概ね同じなのでそう思ってください。

詳しくはいつの日か譜面創作理論にて!!

久しぶりに譜面のビジュアル面を説明しましたが、このような譜面の美学は人によっては受け入れられない考え方かもしれませんね。



ダウンロードする



【発狂譜面について】

発狂譜面の作り方、というタイトルで譜面創作理論書いても良い気がするくらい言いたいことがありますので今回は真面目にご説明いたします!

まず前提として発狂譜面のポイントは「ロール処理が出来ない譜面」を目指すことです。

この意義をここで語ると長くなりすぎますので省略します。

イントロ
11201022101011201022101011102220,
11201022101011201011202011102220,
11201022101011201022101011102220,
11201022101011201011202011112222,

→非常に安直で単純な譜面です。正直こんな感じの譜面なら誰でも簡単に作れますよ!

step1:音を拾う→誰でも出来ると信じてる(笑)
1202101202101122,
1202101201201122,
1202101202101122,
1202101201201122,

step2:32分を導入するので拡大→誰でも出来る!!
10200020100010200020100010102020,
10200020100010200010200010102020,
10200020100010200020100010102020,
10200020100010200010200010102020,

step3:32分3連符に変える(4小節目末尾だけ8連打)→誰でも出来る?
11200022100011200022100011102220,
11200022100011200022100011102220,
11200022100011200022100011102220,
11200022100011200022100011112222,

step4:間を埋める→誰でも出来そう
11201022101011201022101011102220,
11201022101011201011202011102220,
11201022101011201022101011102220,
11201022101011201011202011112222,

間の埋め方はこれを全て16分変換した形↓を見ればコツがわかるかもしれません
1212111212111122,
1212111211221122,
1212111212111122,
1212111211221122,

如何でしょうか。こんなにも単純な作業工程しかないんですよ?発狂譜面もセオリーが理解できていれば容易く作れるのです!

本当はこの完成系はもっと大きな意味を含んだ配列なのですが、詳しい話はいつの日か譜面創作理論で書くことに致します。



Aメロ
10101011201010200020101020201020,
10101011201010200020101022201020,
10101011201010200020101020101020,
10101110201010102222202000102000,

→作り方はイントロとほぼ同じです。音を拾って装飾するだけです。

本来この部分はもっとスカスカにするべきなのかもしれませんが、通常譜面と大して変化がないのも寂しいと思い難化させました。

1~3小節冒頭の"101010112"という配列が難易度を支配していますね。



Bメロ
2002002002002020,
2002002002002020,
2002002002002020,
2002002002002020,
11202011202011202011202011221122,
11202011202011202011202011221122,
10222010222010222010222012221222,
11222011222011222011222012121212,

→前半はコンボ数稼ぎです。

後半は本譜面最大の密度にしてFCブレイカーの難所です。
1,2小節目……112020x4+11221122と叩きやすいが実質末尾に11連打を含み難しい。一応ロール処理が可能です。
3小節目……102220x4+12221222、1,2小節とは異なりロール処理も厳しいし何より102220が叩きにくいですね。
4小節目……112220x4+12121212、1小節に28notesという暴挙。実質BPM286ですので、繋ぐのは大変ですね。ロール処理可能です。

Bメロは本命の譜面ではなくビジュアルと密度だけを意識しましたので、ロール処理可能になってしまいましたね。



サビ
10112010201110201020111020101020,
10112010201110102210102210102222,
10112010201110101120201120201020,
11102011102011012220102220102222,
10101011201110201020111120201020,
10101011201110201020111120221020,
10101011201110201120102010112020,
10111011201112112000102000102000,

→いよいよ本命です。ここからは出来るだけロール処理出来ないような譜面にしています。

ここから詳しくお話ししたいのですが、基本的な作成方法は今までに述べたのと全く同じですので今回は1小節目のみ詳細に解説し代わりに発狂譜面に関する余談を載せたいと思います。

【1小節目】
まず音を拾います(通常譜面と同じ)
1111201202102010,

これに音を加えて16連打にします(3つめの音符を1→2へ変更))
1121211212112112,
→1121-2112-1211-2112とドンの強調された譜面になりました。これが本譜面の激しさの根幹です。

最後に32分を加えます
10112010201110201020111020101020,
→BPM286の16分が入り乱れる譜面、と形容することが出来ますので自ずとどのような複合にすればよいかは見えてきますね。
今回は本家☆10を10段階に分類した★基準で★9に相当しますので、Xaより難しく幽玄より簡単な感じにするのが最適です。

さらに、これはかなり発展的な内容ですがこれほどの密度になりますとビジュアルは勿論ドンカツのハーモニーに注意しなければなりません。

簡潔に言えば譜面が汚ければ音も汚くなります。音符が意味のある音を持つ太鼓の達人唯一の悩みですが、この点意識できている譜面ジャーは多くはいらっしゃらないでしょう。

さて、余談として一つ面白い見解をご紹介しましょう。以下にこの1小節目とそれに酷似した譜面を載せます。

10112010201110201020111020101020,
11102010201110201020111020101020,

見てお分かりの通り冒頭部分が異なりますね。

では皆さんに質問します。上の譜面が★9ならば下の譜面の難易度は★いくつでしょうか?

ノーツ数に変化はないしどちらも1112で逆餡蜜出来るんだから同じく★9だ、と思いますか?

実はこれ下の譜面だと★8相当の譜面になってしまうのです!

つまり"1→112"という認識と"111→2"という認識では要求される地力が★1つ分違うのです。

しかし、たった1小節で難易度を決定するのは不可能でありこの部分だけ見ると少々理解しがたいと思いますので本家譜面のXa裏を例に挙げましょう。

考察するのはXa裏のラストのこの部分!

〇…カツ ●…ドン

○_○○●_●●○_○○●_●●●_●●●_●●○_○○○_○○/
●_●●○_○○○_○○○_○○●_●●●_●●●_●●○_○○/
○_○○○_○○●_●●●_●●○_○○○_○○●_●●●_●●/
○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●●●●●●/

これを16分に直すと

○○●●○○●●●●●●○○○○/
●●○○○○○○●●●●●●○○/
○○○○●●●●○○○○●●●●/
○○○○○○○○●●●●●●●●/

何と綺麗な譜面なのでしょう!では、これを32分へ戻してみましょう。

○○○_●●●_○○○_●●●_●●●_●●●_○○○_○○○_/
●●●_○○○_○○○_○○○_●●●_●●●_●●●_○○○_/
○○○_○○○_●●●_●●●_○○○_○○○_●●●_●●●_/
○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●●●●●●/

……おや。何ということでしょう。並べてみるとあら不思議。

○_○○●_●●○_○○●_●●●_●●●_●●○_○○○_○○/
●_●●○_○○○_○○○_○○●_●●●_●●●_●●○_○○/
○_○○○_○○●_●●●_●●○_○○○_○○●_●●●_●●/
○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●●●●●●/



○○○_●●●_○○○_●●●_●●●_●●●_○○○_○○○_/
●●●_○○○_○○○_○○○_●●●_●●●_●●●_○○○_/
○○○_○○○_●●●_●●●_○○○_○○○_●●●_●●●_/
○○○○○○○○○○○○○○○○●●●●●●●●●●●●●●●●/

叩いている音符の数は全く同じなのにこれほどまでに難易度に差が生じてしまうのです。

実はこれこそがロール処理を要求せず発狂譜面を面白くするための基本的な考え方なのです。



ダウンロードする



予想以上に長くなってしまったので今回はここまでにしましょう。

それでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

numuto

Author:numuto
主に太鼓さん次郎です
配布している譜面のパスは全て「numuto」です

現在、リクエストを受け付けています。

「リクエスト制度」の詳細はコチラ

YouTubeアカウント名は「numutoNMT」です

一応twitterやってます(@numutoNMT

・音ゲー暦
太鼓の達人 2007年 9月~(最近やってない)
太鼓さん次郎 2009年 9月~
BMS 2011年 2月~2011年2月、2014年11月~
beatmania 2011年 2月23日~2011年12月、2014年3月~
jubeat 2011年11月3日~2012年1月、2014年4月~2014年11月、2015年3月~(最近やってない)
初音ミク Project DIVA 2012年2月7日~2012年9月、その後はたまに
stepmania 2008年3月~2008年9月くらい、2013年12月~


【音ゲー技術】
最終更新日:2017/10/27

・太鼓の達人

今は全くやってないです。

・beatmania
SINOBUZ皆伝です
クリアランプマネージャーは以下より↓
NMT1のクリアランプマネージャー

発狂BMS導入してます(発狂九段、★21.69)
TMDU平均のマイページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カウンター
Since 2011年1月23日
ブロとも一覧

アリス・イン・太鼓ランド!!

天使のお便り

のほほん太鼓頑張ろう日記

まふゆんの太鼓ブログ

ぴかの部屋(主に譜面配布や雑談所)

月明かりの下で

おせろさんの日常

ぴかのタイコタイム♪

@sckep-pikuminwikiのブログ

ぴかちゅうのほっぺ。

加賀・古鷹・川内。艦これとアニメ好き。

ナルコレやろうぜ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR