太鼓さん次郎 Ray of bullet

こんにちは、作曲の勉強に加えて絵描きの勉強も始めましたぬむとです。

自分欲張りなんで曲だけではなく絵も創れるようになりたいのです。

一度きりの人生、行けるところまで行ってみたいと思っています。

それでは、創作譜面です。

※今回は本当の本当に発狂譜面を細かく解説しています。正直言ってこれ書くのに3時間くらいかかってますので、是非読んでみて下さい!!!(分かり易いとは言っていない)

・TVアニメ「銃皇無尽のファフニール」EDより「Ray of bullet」

高難易度での依頼でしたのでこんな譜面になりました。

【譜面について】

平均密度10.23打/秒という恐ろしい密度ですので、自ずと事細かな説明が必要になります。

24分を単純に繰り返しているだけが発狂譜面ではないことが伝われば幸いです。

イントロ1
30030030,
0,
30030030,
0000000011221122,
100000202020100200100200100200100200100200100000,
0010001000222022,

→アニソンで876コンボも作るとなるとこういう何気ないところにも気を配って譜面を配置しなくてはなりません。

今回は取り敢えず理想を求めて配置して行った結果コンボ数も難易度もいい感じになってきましたので、1~3小節に大音符のみのイントロらしい譜面を配置できました。

これが900コンボを目指すとなると1~4小節を
3022203022203002,
2022202022222020,
3022203022203002,
2020222211221122,
みたいにせざるを得なくなってきます。

5小節の配置は単純なドカドカ連打に24分特有の逆手誘導を追加してインパクトを与えています。


イントロ2
100000100100200000101010200100200100200000202020,
100000100100200000101010200100200100200000101010,
100000202020200000100100200200100100200000101010,
200200101010200200100100200100100100200000202020,
100000100100100200101010200000100100200200101010,
200000100200200200101010200000202020100100100100,
1010001120202010,
0011102000200000,

→全部16分に直した以下の状態で解説いたします。
1011201121212022,
1011201121212011,
1022201122112011,
2211221121112022,
1011211120112211,
2012221120221111,
1010001120202010,
0011102000200000,

[1,2小節]
0202,を基盤にまずは"1011201111112011,"と配置。
しかし、これではドンの比率が高すぎて面白みのない譜面ですのでカツを増やします。
カツの増やし方は以下の考え方を基準にしています。

①1111112にカツを1つ追加……ドン5+カツ2で比較的ドン寄りの重い譜面になる。中立的な複合ではない(1112112など)。
②1111112にカツを2つ追加……ドン4+カツ3でカツをアクセントに捕らえた中立的な譜面になる(1122112など)。

発狂譜面ではとにかくビジュアル面に拘るために対称配置を多用しますので、ここで中立的な複合を優先することが非常に大切になってきます。

特に今回みたいな"1212,"が全面的にアピールされた曲調では必須になってきます。

以上を踏まえて"1011201121212022,"となりました。"1121212"→"221"というのも中立を表現しています。

[3小節]
1,2小節の中立的な複合を引き継いでいます。"112"→"222"(カツ強調)と"1121212"→"1122112"(カツ強調を抑制)で足し引き0といった感じです。

24分を含めて考えると"112"→"2222"(24分導入)と"11121212"→"1122112"(24分解除)でこちらも足し引き0です。

わかりやすい書き方が全然思いつきませんが、何とかご理解いただけたら幸いです。

[4小節]
4小節単位で区切るために密度を上げています。"2211221121112011,"という配色はカツを4分音符として捉えて配置しています。

1~3小節目でもほぼ4分音符はカツですので、そこに関連させています。

[5,6小節]
見た目でおおよそ検討がつくと思いますが……。

"2020,"を基盤に見た目に拘って配色しました。

2011111120111111,
2011111120111111,
↓カツを1-2-3個と設置
1011121120112211,
2012221120112111,
↓カツ4個はドン/カツ比が1を下回ってしまうので、流れを2→1へと変更。
1011211120112211,
2012221120221111,

こんな感じです。また、もう一つ大きな拘りとして各7連符の末尾3連打を24分に変更するにあたって、その初めのドンの直前は必ずカツになるようにしました。

その方が美しいかと。


Aメロ
1011201101102011,
0210201102112010,
1011201101102011,
0210201102112211,
2222102222102212,
1022121022112211,
2222102222102212,
1022121022112211,
1021201101202011,
0210201102112010,
1021201101202011,
000200100000200000101010200100100200100100200100,
100000202020100000200200100200100200100000100100,
100000202020100000200200100200100200100000100100,
100000101010200000100100200200100100202020200000,
300000300000000000300000000000300000101010101010,

→この部分、曲を聴けばわかると思いますが本当に全然音がないのです……。

[1~4、9~12小節]
フィーリング配置です。"0202,"の基盤は最低限維持していますが、それ以外は完全にフィーリング。

全体的に奇数配置がメインの譜面でかつイントロである程度密度が上がっていましたので、そこと区別するためにはこれがベストだと思いました。

偶数小節末尾に入れてある4打以上の偶数複合はそれ以外の2連打を完結させる役割があります。

奇数連打主体の曲調である以上2連打は本来あってはならない異色の配置ですので、長めの偶数連符でぼかしてやる必要があるのです。

このニュアンス、うまく説明できないけど伝わってほしい……。

12小節は16分に直すと"0210201121121121,"となりますが、これは以下のように作りました。

3拍目以降はまずはドラム音をカツで拾う
0210201120022022,
↓見た目を意識して"22022022"に変更してドンで装飾
0210201122122122,
↓カツだと何となく違和感があったのでドン主体に変更
0210201121121121,

これに24分を導入して完成です。

[5~8小節]
拾える音はとにかく拾っています。
ピアノを拾って
21021021,
02102000,
↓カツを主体に8分連打に
22122122,
12212000,
↓末尾は空白にしたくないので適当に
22122122,
12212121,
↓16分導入
2222102222102222,
1022221022112211,
↓22221x4の単調さを改善
2222102222102212,
1022121022112211,

これで完成です。イントロとの差を明確にするために24分は入れていません。また、Bメロの1→2の流れに対抗して全面的に2→1の流れを強調しています。

[13~16小節]
5~8小節と相変わらず譜面の流れは2→1です。16分に直すと以下のようになります。
1022102212121011,
1022102212121011,
1011201122112220,
3030003000301111,

今までの"0202,"の流れを一転させて"0101,"としています。

これにドンを装飾して"10101110,"です。

15小節目はBメロでの複合へ円滑に接続するために再び中立的な複合に戻しています。末尾にカツ4連打を入れたのは大音符とそれに続くドンの24分ラッシュを際立てるためです。


Bメロ
200000101010200000101010200000100100200100200100,
000100200100100100201010200100200100200000100100,
200000101010200000101010200000100100200100200100,
000100200100100100201010200100200100200000202020,
100200200200100100100200200200101010200020002000,
100010001000202020002000101010001000202020202020,
200000101010200100100100200100100100201010201010,
2,

→見た目複雑ですが作り方は超簡単です。

[1~4小節]
まずは音をカツで拾う。このリズムを軸にして流れを1→2にすると決めているのでカツで拾うのです。
20202022,
02022020,
↓1音追加
20202022,
02022220,
↓ドン追加
2011201120112120,
1121112121212011,
↓所謂「頭抜き」ってやつやります
2011201120112121,
0121112121212011,
↓3連打を一部24分に
200000101010200000101010200000100100200100200100,
000100200100100100200100200100200100200000100100,
↓2小節目の長い複合を"21212"で〆ているよう見せるために直前を24分に
200000101010200000101010200000100100200100200100,
000100200100100100201010200100200100200000100100,

これで完成です。TJA表記で非常に見にくいので、実際の譜面で確認していただければわかりやすいです。

[5~6小節]
100200200200100100100200200200101010200020002000,
100010001000202020002000101010001000202020202020,

この2小節はもともと以下のように作りました。

まずはドラムを拾う
1000111000111000,
000222111200,
↓16分で空いている部分を埋める
1222111222111222,
100100100100200020002000100010001000200000000000,
↓16分20連打からの12分7連打は12分のインパクトが弱いので、16分12連打+12分13連打にする
100200200200100100100200200200100100100020002000,
111222111200,
↓"222111(16分)"と"222111(12分)"を繰り返しているように見せる。
100200200200100100100200200200100100200020002000,
111222111200,
↓この直前の24分により逆手で入っているので"222111(12分)"が順手になるように、かつ"222111"の繰り返しが維持されるように24分を導入。
100200200200100100100200200200101010200020002000,
111222111200,
↓"222111(12分)"をただ連続させると面白くないので、24分導入
100200200200100100100200200200101010200020002000,
100010001000202020002000101010001000200000000000,
↓次の小節部分が曲調上1拍目を空けるのがベストなので、そこまで無理やりつなげる
100200200200100100100200200200101010200020002000,
100010001000202020002000101010001000202020202020,

これで完成です。赤字部分を参考にしてみると何とかお分かりいただけるかと。

いずれにせよ執拗なまでに見た目に拘った部分です。


サビ前半
100100200200100000200200101010200200100000200200,
101010200200101010200200100100200200100100100100,
202020100100200000101010200200101010200200100100,
200000100100202020100100202020100100202020200200,
100100200200100000200200101010200200100000200200,
101010200200101010200200100200200200100000101010,
200100100100200100200100100100200100100100201010,
100000202020100200200200100200101010200000000000,
1022201022221001,
2010201120102222,
1110222011102220,
100100100100200200200200100000202020200000202020,

平均密度11.59打/秒です。この譜面の最も重要な部分です。

BPM185となれば32分の使用はほぼ不可能と考えて間違いありませんので、難化の材料は逆手と24分と偶数連符がメインとなります。

今回は音数が少なくはっきりした曲調でしたので主張の強い偶数連符は合わないと判断し特に24分をメインとすることにしました。

おおよその譜面の流れは16分に変換すればお分かりいただけると思いますので、以下を参照してみてください。

1122102211221022,
1122112211221111,
2211201122112211,
2011221122112222,
1122102211221022,
1122112212221011,
2111212111211121,
1022122212112000,
1022201022221001,
2010201120102222,
1110222011102220,
1111222210222022,

あとは24分の配置ですが、今回は完全に見た目重視で"1112"と"2221"がほとんど全てを占めています。

使われている24分を順に並べてみると
1112-1112-1112-2221-1112-1112-2221-2221-2222-1112-1112-1112-1112-2111

そんなに目立った規則はありませんね……。

[1,2小節]
聴いた瞬間にこれしかないと思いました。2小節末尾のみ"1111"としているのは3,4小節で基盤を反転させて"2222,"にするためです。

[3,4小節]
1,2小節と同様のリズムを刻んでもいいのですが、"2222,"という基盤にも関わらずどうしても"01010101,"のインパクトが邪魔をしてしまいますので変えました。

ボーカルのリズム"10110101,"ともマッチしているので予想以上に馴染んでくれました。

24分に関してはここは"2221"で固めたかったのですが、ボーカルのリズムと合致する、ということを念頭において敢えて"1112"にしています。

その代償に4小節目では"2221"x2に加えて"2222"まで登場させています。これで対称成分はバッチリってわけ。

[5,6小節]
基本的に1,2小節と同じですが、7,8小節が3,4小節とかなり異なっていますので、それに合わせてこちらも変化させています。

"1112(24分)"を主体にすることに変わりはありませんので、それを踏まえた上での最大限の変化になっているかと。

[7,8小節]
ボーカル合わせです。
20220202,

21112121112111211,

この直前で24分を入れて逆手誘導して単純な16分の逆手配置になっています。

逆手成分はここだけで十分ですので、末尾に24分を入れて順手に戻しています。

[9~12小節]
ここはただの休憩地帯ですので説明は不要かと。

サビ後半
100100200200100000200200101010200200100000200200,
101010200200101010200200100100200200100100100100,
202020100100200000101010200200101010200200100100,
200000100100202020100100202020100100202020200200,
100100200200100000200200101010200200100000200200,
101010200200101010200200100200200200100000101010,
200100100100200100200100100100200100100100201010,
100000202020100200200200100200101010200000000000,
3022203022203001,
200000100000200000100100200000100000202020200000,
3022203022203001,
200000101010200000100000200100200100200200200200,
100100200100100200101010200101010200100000300000,
0011103000111030,
000000100200100200100200101010200101010200101010,
200100200100200100200100202020100202020100202020,

→1~11小節はサビ前半とほぼ同じですので省略します。

[12小節]
末尾の"21212222"はフィーリングです。何となくこれが良いと思いました。

[13,14小節]
最後の15,16小節を際立たせるために敢えて大音符で落ち着かせています。

さらに大音符を使うからには直前に局所的な高密度を導入しています。

サビの譜面が全体的に"1122112211221122,"を連想させる配置ですので、ここでの"1121121121121030,"は印象深くなるかと。

加えて24分4連打を2回連続させることで自然と演奏者に力を込めさせています

[15,16小節]
16分に直すとお分かりいただけるかと。
0012121211211211,
2121212122122122,

説明するまでもありませんね。




ダウンロードする



次回は「殲琴・ダウルダブラ」です。

それでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

numuto

Author:numuto
主に太鼓さん次郎です
配布している譜面のパスは全て「numuto」です

現在、リクエストを受け付けています。

「リクエスト制度」の詳細はコチラ

YouTubeアカウント名は「numutoNMT」です

一応twitterやってます(@numutoNMT

・音ゲー暦
太鼓の達人 2007年 9月~(最近やってない)
太鼓さん次郎 2009年 9月~
BMS 2011年 2月~2011年2月、2014年11月~
beatmania 2011年 2月23日~2011年12月、2014年3月~
jubeat 2011年11月3日~2012年1月、2014年4月~2014年11月、2015年3月~(最近やってない)
初音ミク Project DIVA 2012年2月7日~2012年9月、その後はたまに
stepmania 2008年3月~2008年9月くらい、2013年12月~


【音ゲー技術】
最終更新日:2017/03/06

・太鼓の達人
ハウス撥どんだーです
ロール:平均7打
ダブル:練習してました
段位:キミドリ九段(夜桜で可50くらい出た……)
太鼓番:762462194108

今は全くやってないです。

・beatmania
SINOBUZ皆伝です
クリアランプマネージャーは以下より↓
NMT1のクリアランプマネージャー

発狂BMS導入してます(発狂九段、★21.33)
TMDU平均のマイページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カウンター
Since 2011年1月23日
ブロとも一覧

アリス・イン・太鼓ランド!!

天使のお便り

のほほん太鼓頑張ろう日記

まふゆんの太鼓ブログ

ぴかの部屋(主に譜面配布や雑談所)

月明かりの下で

おせろさんの日常

ぴかのタイコタイム♪

@sckep-pikuminwikiのブログ

ぴかちゅうのほっぺ。

加賀・古鷹・川内。艦これとアニメ好き。

ナルコレやろうぜ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR